松代の歴史とロマン…ともに歩んで二百年

【定鑑堂の由来】

江戸時代は両替商、書籍販売業を営んでいた。6代目になり「墨屋 彦兵衛」の通名で営業していたが、その際に象山により「墨屋 定鑑堂」として名を貰い受ける。旅館になったのは明治4年。


佐久間象山が蟄居、謹慎中、多くの門弟や薩長の志士たちが松代へ「陣中見舞い」に訪れているが、その時の旅籠(はたご)が紺屋町にあった定鑑堂だった。


象山を慕う勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟(「維新の三舟(幕末三舟)」とも呼ばれた3人)も象山を訪ねて定鑑堂に宿をとった。三舟の遺墨も所蔵している。また「鬼平犯科帳」や「真田太平記」などを著した歴史小説作家の池波正太郎も宿泊している。

引き継がれる昔ながらの城下町旅籠の雰囲気と伝統、     そして家庭的なサービスでおもてなし

 

松代藩真田十万石、城下町としても名高い信州松代。

その宿場町の中心に佇む老舗旅館、定鑑堂。

城下町を街歩き、文化財が多く残る松代をお楽しみいただけます。
 
定鑑堂では、親子3代に亘り料理修行を積み、
食材や味だけでなく食事バランスや健康を考慮した、
おもてなし料理をお出しできるよう心掛けております。

■ご利用のお客様へのお願い

・お支払いは、現金のみとさせて頂きます。
・当館の浴場は、温泉ではございませんので予めご了承くださいませ。
 また、ご利用はお客様ごとの「交代制」となります。
・館内にエレベーターはございません。
・その他、ご不明な点やご要望がございましたらお知らせくださいませ。

ご予約、お問合せは

026-278-2045

予約受付時間:8:00~20:00

「ホームページを見た」と

お伝え下さい

🔴イベント情報🔴